KANETOKU
商品紹介 企業案内 企業理念 商品開発 店舗紹介 芦屋工房サイトへ
Q&A問い合わせリンク今日の言葉社員のつぶやき個人情報について環境方針ENGLISH
ニュースリリース 詳細

【珍味コラム6】エベレストに登頂した、日本初(?)の「うに瓶」

2019年05月14日

大正十四年創業の創作珍味専門店「かね徳」です。

珍味屋が知る、珍味情報をご紹介します。

 

 

●● エベレストに登頂した、日本初(?)の「うに瓶」 ●●

 

2013年の5月、日本を代表する登山家である、三浦雄一郎さんが

かね徳の「うに瓶」を持ってエベレストに登頂しました。

 

 

こく旨粒うに、エベレスト登頂秘話

2013年5月23日、日本が歓喜に湧いた瞬間。
三浦雄一郎さんが、世界最高齢記録 80歳エベレスト登頂に成功したあの日。

その前日に、実はかね徳も密かに盛り上がっていました。

前日の5月22日、標高8000mに到達した三浦さんたちが

現地のキャンプで手巻き寿司パーティを楽しんでいました。
その様子を朝のTVニュースで見ていたかね徳社員の一人が、

放送された映像に偶然かね徳の「こく旨粒うに」(写真右)を見つけたのです。

そのことに驚き、嬉しくなった社員は翌日の朝礼で早速話題。

すると、社内がにわかにどよめき、この話題はかね徳の支店に至るまで周知されました。

そうして、三浦さんの登頂達成はかね徳全社員の喜びになりました。

「こく旨粒うに」は、三浦雄一郎さんとエベレストの登山を経験した、

おそらく数少ないうに瓶の1つなのだと誇りに思います。

 

 

こく旨粒うには、アウトドアにもおすすめ

三浦雄一郎さんが「瓶詰めウニ」を標高8000mのキャンプで食べた理由。

それは、ウニが三浦さんの大好物であったこと、そしてウニ瓶がアウトドアと相性が良かったことです
登山飯の基本は、高タンパク・高カロリー、かさばらない

かね徳の「こく旨粒うに」に使用されているのは、塩ウニ。

実は塩ウニは「高タンパク」な食品で、塩分補給にもなります。

また、かね徳の「こく旨粒うに」は、55gでコンパクトな瓶

冷えたきゅうりに塗ったり、海苔でご飯と一緒に包んだり、使い方はさまざま。

もしかすると、これからのアウトドアでは、

「ウニ瓶」が欠かせないアイテムになるかも?


三浦雄一郎さんも食べた「こく旨粒うに」をお供にして、
初夏のキャンプやハイキングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

株式会社かね徳