KANETOKU
商品紹介 企業案内 企業理念 商品開発 店舗紹介 芦屋工房サイトへ
Q&A問い合わせリンク今日の言葉社員のつぶやき個人情報について環境方針ENGLISH
ニュースリリース 詳細

【珍味コラム1】 冬の味覚の主役、蟹とウニ

2019年01月29日

大正十四年創業の創作珍味専門店「かね徳」です。

この度、不定期で珍味コラムを配信することにいたしました。

珍味屋が知る、珍味情報をご紹介します。


 

●●● 冬の味覚の主役、蟹とウニ ●●●

 

蟹とウニを使い、新しい味の珍味をつくりました。

今回は、その「うに蟹味噌」(写真右)についてご紹介します。

 

 

ーロッパイチョウガニ、ご存知ですか?

かね徳の「うに蟹味噌」は、ヨーロッパイチョウガニを使用しています。

ヨーロッパでは、代表的な蟹(写真左)です。
大きな甲羅がイチョウのように見えることから、

日本では「イチョウガニ」と呼ばれています。

 

プリプリの白い身は、濃厚で、蟹の旨味と甘みがたっぷり。
食感は、チーズのような柔らかさです。
食べ方は、たっぷりと塩を入れて、ボイルするのが定番。
爪の殻は硬いため、ハンマーを使います。

 

 

ーロッパイチョウガニを使った新しい珍味
蟹味噌もクリーミーで美味しい、ヨーロッパイチョウガニ。

この蟹味噌を使い、今まで誰も食べたことのない新しい珍味を作れないだろうか…

創作珍味屋のかね徳は考えました。

そこで、蟹味噌に日本三大珍味「塩うに」を合わせることを思いついたのです。

 

濃厚な旨味と甘みを持つ、蟹味噌と塩うに。

相性はぴったりでした。

こうして完成した新しい珍味、うに蟹味噌

 

 

冬の味覚、蟹とウニ2つの主役を合わせることで

今まで誰も食べたことのない創作珍味ができました。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

株式会社かね徳